冗談でしょ?組み立てを予約なしで即日発送ならココ~!ジャンク

実は!手元にはEOS620とペンタSV(故障)があり!この本の内容に合致しているので!いずれは…と!思わせてくれます。他の部分も読み物としても面白く!この手のことに興味のある人にはお薦めです。まだ実際にはやっていないのですが、非常に具体的に書かれており、これなら出来ると感じてます。

いまオススメの商品!

2017年02月06日 ランキング上位商品↑

ジャンク 組み立てジャンクカメラの分解と組み立てに挑戦! [ 水滸堂 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

内容も解りやすく理解しやすいです。ある程度の機種限定になりますが!分解・組み立てについて書かれているのでカメラの構造を知りたい方にも良いと思います。私の持ってるジャンクカメラが掲載されているので!みながら分解に挑戦する予定です分解初心者です。ほとんどがモノクロページでの解説になります。面白いです。とても見やすいのが良いですね。OLYMPUS OM‐1/Pentax SV等のリペアの参考に購入しました。「修理ではなく!あくまでも分解」という内容が面白いですね。こんな初心者なので!正直読破するには時間がかかりそうですが!実際にお手元に掲載のカメラがある方は!役に立つ本だと思います。写真も豊富で、分解組み立ての勘所も記載され、記録をとるのが苦手で、記憶があいまいになっている小生にはすこぶる有難い本です。機種ごとの、分解の説明の冒頭では、そのカメラの説明がなされており、ついほしくなってしまいます。ちなみに、ボディ編 では、 COSINA CT-1 Super OLYMPUS OM-1 OLYMPUS OM10 Pentax SV RICOH XR500 Nikon EM Canon AE-1P Minolta X-7 Canon EOS1000 レンズ編 では Pentax Super Takumar 55/1.8 OLYMPUS OM ZUIKO 50/1.8 SMC Pentax M ZOOM 80-200/4.5 SIGMA ZOOM-κII 70-210/4.5 Canon EF 35-80/4-5.6 が取り上げられています。この本の大部分は具体的なカメラ機種の分解のはなしに費やされています。気長に探すのも手ですが、すぐ欲しい時はここ。趣味で、トイカメラや古いカメラを頻繁に買っていたら、台数が増えてしまって…勢いで分解もしてみようと思い、書店で探したら在庫切れで、こちらで発見したので購入しました。次にカメラを買う時には!この本に載っているものを買いたいと思わせてくれる本だと思います。この本にとりあげられている機種をもっている人にとっては!見やすい写真入りで丁寧な解説がなされており大変参考になると思います。説明と分解中の写真と、ポイントがわかりやすく記されています。掲載機種が載っている裏表紙の画像を添付しておきます。古いカメラがたくさん出て来たので!使えるものなら使ってみたいと思いましたが!どういう構造になってるかさえわからないので!こういった本なら勉強できるかなと思い買ってみました。この本を見てカメラの分解のためにどのような工具が必要なのか、分解の簡単な注意点などを知ることができました。残念ながら、私の持っているカメラはこの中になかったのですが、筆者は意図があって機種を選んでいるように思います。わかりやすい説明になっているので!素人でもカメラの分解・組立てが出来そうです。この年末年始にたまたま、オリンパスのM−1を手に入れることになったのですが、例によってプリズムの腐食があり、同型のOM-1のプリズム交換について載っている本書を見付け、購入しました。中古市場でも人気商品らしいです。カメラの分解に興味があって購入しました。分解に興味のある人はもちろん、分解はしなくてもカメラが好きな方でも楽しめる本ではないでしょうか?中古品より安く?手に入れることが出来ました。実際にカメラを分解するには、最低限の特殊工具も必要なので、なかなか現実にはないと思いますが、EOS1000のシャッターの汚れや、他機種のプリズム腐食など、結構知られた現象に関連しての"分解"という記事内容なので、興味深く読めました。後は、OM-1のプリズムを見つけて、交換するだけです。これに載っているカメラは持っていませんが!なにかヒントが得られたらいいな(^−^)という感じです。。つまり、比較的多く出回っている機種で、特徴的な故障が起きやすいものを選んでいるようです。