読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドブックがおすすめ | イモムシ

格安
このイモムシ…!写真も綺麗でわかりやすいですし!見物としても面白い。。具体的な違いを写真と併せて掲載しているのでわかりやすいです。

こ、これですっ!

2017年02月06日 ランキング上位商品↑

イモムシ ハンドブックイモムシハンドブック [ 安田守 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

思ってたよりイモムシがリアルで…2.3の購入には至りませんでした。グロテスクさもかわいく見えてきます。日常生活に支障が出るほどでカウンセリングを受けようかとすら考えるほど・・・荒療治でこちらの本を購入してみました。一方でイモムシ大好きな子供も居るんです。たぶんあのポーズを撮る為に!もの凄い枚数を撮影したんだと思います。人間の都合で害虫とか益虫とか言われちゃうけど!みんな!一生懸命生きてるんだな〜。今まではイモムシで十把一絡げに見てきましたが、この本を知ったら正体まで知りたくなりました。今までは問答無用で殺していましたが、この本で調べるとどんな蝶のイモムシか、どんな蛾のイモムシか分かるのでとても参考になりますよ。この手の図鑑はマクロズームで撮ってるので!実物見たらすごくちっちゃかった・・・って事がよくありますからね。ずいぶん長い間!イモムシ大好きな子たちの疑問や興味に答えてあげられませんでした。家に来ていたものはアゲハの仲間のようで、うれしいです。たまに鳥肌がたつページがありますが…。虫好きの妹にプレゼントしました。図鑑は検索がいのち、その意味でこの本は超おすすめです。最初の方に数ページを使って幼虫たちの実物大画像がありますが、これはけっこう役に立ちますね。しかし芋虫と成虫の写真を並べた索引が冒頭にあり!とても検索しやすい本です。すっごく便利です!蝶々とイモムシが大好きでいろんなイモムシを見てはどんな蝶々になるんだろうと考えている娘のために購入したのですが、私が夢中になって読んでしまうくらい参考になる本です♪イモムシはよく似ているので見分けるガイドが欲しかったのですが、この本はそれにピッタリ答えてくれました。妻がすっかり気に入り、取り上げられてしまったので私の手元にないのが最大の難点です。でもねぇ、もう少し掲載種類が多くても良いかなぁ・・・比較的メジャーな個体が載ってなかった・・・と言うこともしょっちゅうでした。近い内に再々度の発注もありそうです。それぞれに個性的で!それぞれに理由があるんだろうな!と感嘆。見ていてとてもたのしいです。色彩や擬態などは!まさに生命の神秘ですね。庭には出られず木のそばは通れず!布団を干せばいもむしがついているのではないかと夜は眠れず!落ちていたいもむしに驚いて叫びながら国道に飛び出て車に轢かれかけた・・・なんてこともしばしば。小型で薄っぺらな割に価格が高く、手元に届いたときには正直落胆しました。観察会のスタッフ仲間が!内容を見て大層欲しそうな様子でした。実はいもむしの写真が出ている本や新聞すら触れないので買ってどうなるかと思いましたが・・・やはり届いた本を指の爪でつまむことすらできませんでした・・・小さな本なのにすごく写真!情報量が多く図鑑といっていい本だと母は感心していました。その努力は評価します。これと「食草・食樹ハンドブック」は!最高の組み合わせです。イモムシ好きな方にも、イモムシ退治したい方にもバイブルになるでしょう。彼女の感想です。」友人の紹介で、表紙デザインに惹かれて衝動買いしました。日頃から大変お世話になっている方ですので!これは最高の恩返しと思い2冊目を購入してプレゼントしました。どうしても複数のガイドブックや図鑑を持ち歩くことになるのですが!そうした時でも負担にならないサイズと!持ち出したくなる内容がありがたいですね。子供と一緒にこの本を片手に草原でイモムシ探しなんてのもありかも?この出版社のこのシリーズは、とってもマニアックなものが多くて楽しいです。「イモムシ大好きな子」たちが希少種や、絶滅危惧種にならないことを願っています。早くさなぎにならないかな。子供が幼虫!毛虫が大好きで詳しく書いてある本を探してました。家に植えているパセリを食べているイモムシを調べたくて購入しました。せめて母の役に立ってくれればと思います。全体的に編集者の方のムシへの愛を感じる本です。父に頼まれて購入しました。西原理恵子さんのブログで「たまらん」と、この本が紹介されていて、表紙の写真のセンスが素晴らしいと思ったので購入しました。病的にいもむしが怖い私。大きさ比較のアイデアもいいし、親の写真も一緒に載ってるし、文章もわかりやすく興味深いです。「食草・食樹 ハンドブック」とセットで、今年の観察会では貴重となってしまった「イモムシ大好きな子たち」と遊べそうな気がします。画像も乗せたかったのですが本に近寄れない・・・家庭菜園をしている母にとっては天敵。ガーデニングをやっていて!よくイモムシと出くわします。「イモムシとひとくくりでは申し訳ないほどの種類に圧倒された。よく特徴を捉えた瞬間が撮れているなあと感心します。既に自分用は購入済みで活用しております。しかしページを開けて目に飛び込んできた大量のイモムシケムシの写真に!一瞬後悔しましたが(笑)!だんだん慣れてくればかわいいやつらです。キモカワイイ子もいれば、見るからに怪しい風体の子も、擬態が見事な子も。写真がとにかく美しいです。イモムシを気持ち悪いといって毛嫌いする子供が増えています。イモムシに興味がわく本です。軽くてこの本はお勧めです。ハンドブックですから!画像がきれいなのは当たり前なんですけど!幼虫たちのポーズが可愛いんですよ。従って!2冊目の購入です。